Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館

制御とか数学とか駄文とか

書泉にて

新宿でのとあるライブハウスでのライブを終え、書泉に入りました。
お昼にライブやるというところがLynx-EyEDの意味不明なところです。
おー。
音楽雑誌いっぱい(≧▽≦)/
まずBass Magazineを買いです。
と、レジに向かうと…。左側によからぬものが…………。
『ギャー』
今の僕には殺人的存在。
「電子工作のためのR8C/tinyスタートアップ」(CQ出版社

f:id:Lynx-EyED:20060315131922j:image
買 っ て し ま い ま し た。
デモテープの売り上げの一部がこれに化けるとゎ。

店員さんが奇妙な顔をしていました。

――化粧をしてベース引っさげた男がマニアックな本を買っていきやがった。しかもBass Magazineの4倍強の値段の本だし。

とでも思ってたのかしら。

見てみると、さすが。やりたいことは全部載ってます。SSUも解ってきた気がします。いままで梃子ずってた事もぜんぶ載ってる!(T_T)

さてさて。¥3,990.(税込)というのはまあまあ高いです。(R8C/1B基板がついてるのでなんとも言い難いですが)
元を取れるようにがんばります。わかったことをこのブログで還元していきたいと思います。
では、昨日の続きを(笑)