読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館

広帯域制御屋の駄文とか

DSPならば

PIC

ここまで製作してきて、知り合いから言われたこと

「で、なんでDSP使う必要があるの?」
「ぶっちゃけH8でもいいよね」
「ころころとCPU替えやがって」
「てかお前のソース、キタナイ」



…あうううorz



仰る通りです。ごめんなさい。


だってトラ技のおまけだよ。
フツーに買うより安いじゃん(・з・)
使わない手はない
ほらほら
今年も付録基板ラッシュの季節だよー



え、なんか違う?



DSP-Engineを利用したフィルタ。実はかなり前*1から作ってるんですけど、

今の規格*2だとCPUの負荷が大きくて44.1kHzの周期でPWMにデータが渡せないため*.wavファイルに音声フィルタをかけても規定時間内に再生することができませんでした。

  1. ステレオだと積和時間が2倍に膨れる
  2. 聞いていてその効果が十分にわかる処理をするにはかなりのタップ数が要求される
  3. 10タップのLPFくらいなら何とかなるかもしれないが、その精度だとアナログで十分。

結果、
もちろん対処法がないわけではありません。

  1. サンプリング周期を長く取る
  2. モノラルにする
  3. 再生前にDSPエンジンが前もってデータを書き換えSDに格納する

たぶん、1番目以外は却下でしょう。
うーむ。

*1:去年の2007年9月、トラ技のDSP関連記事掲載号が出てすぐ

*2:44.1kHzサンプリング,8bit,Stereo