Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館

広帯域制御屋の駄文とか

PWM based DAC (AN2199)

2010年となってしまいました。
このブログをはじめてからかれこれ4年が経とうとしていますw
今年は少しづつレベルアップしたいですね。

今年の3月までのロードマップを考えました。

  • PSoCのSCBlockを利用し、PWMベースのDACの完成
  • ADPCMプレーヤ基板を設計・外注し、その製作記

3月以降はdsPICとARM Cortex M3プロセッサを中心として

  • ADPCMエンコードデータの重み付き変換
  • Huffman符号化を利用し、重み付き変換を行ったデータを圧縮
  • Primer2 または mbed上でデコーダの設計・公開

という予定になります。

では本題に。
PSoC関連のHPを見るとPWMを一度外部端子に出力し、PGA経由でLPFへ再度入力し、アナログデータを取得するといった事例が多いようです。

8pin PSoCだとその余裕がありません。
AN2199を参照すると、GOEからSCBlockへ直接PWMを入力しDACとして動作させる方法が記述されていました。

AN2199では1つのSCBlockを利用していましたが、実際に制作したところ雑音がひどいので、SCBlockを2つ使い、パラメータを直接制御する事によって手動でLPF2を構築した方がいいかもしれません。


ぶっちゃけめんどいけど…。