lynxeyedの電音鍵盤

組み込みとか電装とか

Raspberry PiでBLE Notifyを確認する

LightBlueのLogだとつらい

前回PSoC63でBLEペリフェラルを作りました。
Terminalから文字列を入力するとBLE Notifyとして送信されるというものでした。
LightBlueで簡単に確認するのには便利ですが、センサ情報などを1日中収集するような用途には向きません。

参考サイト

www.ratoc-e2estore.com

ここのコードをほぼそのまま利用させていただきました。MTUの文字数を変更したくらいでしょうか

ラズパイのセットアップ(bluepy)

ラズパイ上で行う作業です
Python3は導入済みといたします。

sudo apt install cu
sudo pip3 install bluepy
nano ble_notify_central.py

コードを書きます。

#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*- Cy63ble Button Event Notification
import sys
import time
from bluepy.btle import *
class ControlCy63ble:
  def __init__(self, mac):
    self._data = {}
    try:
      self.p = Peripheral(mac, ADDR_TYPE_PUBLIC)
      self.p.setDelegate(NotificationDelegate())
      self.p.setMTU(256)
      print('Cy63ble connected !')
    except BTLEException:
      self.p = 0
      print('Connection to Cy63ble failed !', mac)
      raise
  def _enableNotification(self):
    try:
      # Enable notification
       print('Notifications enabled')
    except BTLEException as err:
      print(err)
      self.p.disconnect()
  def _disableNotification(self):
    try:
      # Disble notification
      print('Notifications disabled')
    except BTLEException as err:
      print(err)
      self.p.disconnect()
  def monitorCy63ble(self):
    try:
      # Enable notification
      self._enableNotification()
      # Wait for notifications
      print('Waiting for button pushed 180 second')
      while self.p.waitForNotifications(180.0):
        # handleNotification() was called
        continue
      print('Notification timeout')
      self._disableNotification()
    except:
      return None
  def disconnect(self):
    self.p.disconnect()
class NotificationDelegate(DefaultDelegate):
    def __init__(self):
      DefaultDelegate.__init__(self)
    def handleNotification(self, cHandle, data):
      try:
        if cHandle == 0x10:
          print('data :',data.decode())
        else:
          print('handle=', cHandle,":", data)
      except BTLEException as err:
        print(err)
        self.p.disconnect()
# main program
if __name__== '__main__':
  print("Cy63blenotify start")
  argvs = sys.argv
  argc = len(argvs)
  if (argc < 2):
    print("Require Bluetooth address [XX:XX:XX:XX:XX:XX]")
    quit()
  Cy63ble_mac_addr = argvs[1]
  myCy63ble = ControlCy63ble(Cy63ble_mac_addr)
  print("Cy63ble found :",Cy63ble_mac_addr)
  myCy63ble.monitorCy63ble()

保存したら

chmod +x ble_notify_central.py

PSoC63ボードをRaspberryPiにUSB接続

この時ハイバネートモードにしない方が楽だと思います。

f:id:Lynx-EyED:20190429132542j:plain:w250
ラズパイのコンソールを2つ開きます。

コンソール1つ目
cu -l /dev/ttyACM0 -s 115200

Connected.
....

/dev/ttyACM0 /dev/ttyAMA0 /dev/ttyUSB0/dev/ttyACM1などの場合もあります。

コンソール2つ目
./ble_notify_Central.py 00:A0:50:00:00:00
Cy63blenotify start
Cy63ble connected !
Cy63ble found : 00:A0:50:00:00:00
Notifications enabled
Waiting for button pushed 180 second
...

ここの 00:A0:50:00:00:00は前回プログラムしたPSoC63基板のBLEデバイスMACアドレスです。
コンソール1つ目に戻ってなにか文字を打ち込み、最後にリターンキーを押します。(例えばtesttesttest )
コンソール2つ目をみると、こうなっています。

data : testtesttest

できました!おしまい。