Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館

広帯域制御屋の駄文とか

Raspberry Pi 3でUrJTAGを使う

とりあえずRasPi3でUrJTAGが動くようにする

MAX10を出先や遠隔でコンフィグしたりするときRaspiでUrJTAGが使えたらなあと調べたら使えたのでメモ
RasPiだとGPIOでもバウンダリスキャンできるらしいので便利かもしれない。

apt-get install urjtagでインストールしたらUSB Blasterがうまく動かなかったので、仕方なくビルド。
参考はこちらUniversal JTAG library, server and tools / Discussion / Using UrJTAG:raspberry pi gpio port

準備

上記を参考に必要なパッケージをインストールする

$ sudo apt-get install autoconf autopoint libtool libreadline-dev python-dev libusb-dev libusb-1.0-0-dev flex libftdi-dev bison

flex,bisonはBSDLをUrJTAGに食わせるのに共に必要なので追加しました。

D2XXのインストール。FTDIのサイトのREADMEを参考に行う。RasPi3は今のところOSが32bitなのでARMv7版を使うようだ。

$ wget http://www.ftdichip.com/Drivers/D2XX/Linux/libftd2xx-arm-v7-hf-1.4.6.tgz
$ tar xvf libftd2xx-arm-v7-hf-1.4.6.tgz
$ cd release/build
$ sudo cp libftd2xx.* /usr/local/lib
$ sudo chmod 0755 /usr/local/lib/libftd2xx.so.1.4.6
$ sudo ln -sf /usr/local/lib/libftd2xx.so.1.4.6 /usr/local/lib/libftd2xx.so

ftd2xx.h,WinTypes.hがないとUrJTAGビルドでエラーになるのでコピーしておく

$ cd ../examples
$ sudo cp ftd2xx.h /usr/include/
$ sudo cp WinTypes.h /usr/include/


UrJTAGのビルド。下記サイトの内容そのまま
Universal JTAG library, server and tools / Discussion / Using UrJTAG:raspberry pi gpio port

$ cd ~/
$ git clone git://git.code.sf.net/p/urjtag/git urjtag-git
$ cd urjtag-git

ビルドの前にcmd_bfin.cの内容を修正

$ cd urjtag/src/cmd
$ nano cmd_bfin.c 

cmd_bfin.cソースコード先頭に下記を追加する

#define _SYS_UCONTEXT_H

ctrl-o,ctrl-xで保存後エディタ終了

UrJTAGのビルド

$ cd ../../
$ ./autogen.sh

Warningはちゃんと見ておくべし。
使いたい項目がyesになっているか確認する。
今回はUSB Blasterを使いたいのでD2XX関連とBSDL,SVFはyesになっているか確認。

urjtag is now configured for

  Libraries:
    libusb     : 1.0
    libftdi    : yes (no async mode)
    libftd2xx  : yes
    inpout32   : no

  Subsystems:
    SVF        : yes
    BSDL       : yes
    STAPL      : no

問題なかったらmakeする

$ make
$ sudo make install

動かん……

$ sudo jtag
jtag: error while loading shared libraries: liburjtag.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory

共有ライブラリとして認識されてないんじゃないかな…

$ sudo ldconfig
$ sudo jtag

UrJTAG 0.10 #
Copyright (C) 2002, 2003 ETC s.r.o.
Copyright (C) 2007, 2008, 2009 Kolja Waschk and the respective authors

UrJTAG is free software, covered by the GNU General Public License, and you are
welcome to change it and/or distribute copies of it under certain conditions.
There is absolutely no warranty for UrJTAG.

warning: UrJTAG may damage your hardware!
Type "quit" to exit, "help" for help.

jtag>

動いた…