Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館

制御とか数学とか駄文とか

通勤中にご飯が炊ける弁当箱 サーモスJBS-360を買ったらとてもよかったお話

時間がない 組み込みの記事しか書かないこのブログで書くネタじゃないかも何ですが、大体の方は会社勤め、学校通いですよね。 おひるごはん。 外食までもないとしてもコンビニ弁当おにぎりに頼りがち。 今から急いで客先に向かわなくては!…となるとカ□リー…

iPad版Swift Playgroundsでsocket通信する

ネットワークにつながる組み込み機器とスマホを繋げるネタは数多ありますが、ほとんどがAndroid機器のようです。iOSデバイスがそのような所謂"低レベル通信"のほとんどをユーザーに開放してないというのが理由のようです。 あとXCode使う=Mac買わなきゃ & …

Raspberry Pi 3でUrJTAGを使う

とりあえずRasPi3でUrJTAGが動くようにする MAX10を出先や遠隔でコンフィグしたりするときRaspiでUrJTAGが使えたらなあと調べたら使えたのでメモ RasPiだとGPIOでもバウンダリスキャンできるらしいので便利かもしれない。apt-get install urjtagでインストー…

RStudioで標準入出力するとなんか変

RStudioがハングする R-3.4.0をWindows10で使っているのですが、ユーザからのコンソールを受け付けるのに以下のように書いていました #! /usr/bin/env Rscript # lines = readLines("stdin") # 以下 linesに代入された文字列の処理 ところが、RStudioそのも…

W5500でTCP/IP:send() , recv()をそれぞれ独立に行う

W5500でTCPソケット送受信をそれぞれ独立にしたい ArduinoでもすっかりおなじみになったWiznetのSPI-PHYシリーズですが、思い出しては忘れを繰り返すので、自分への開発時短効果を期待してメモがわり。W5100/5200/5500のioLibraryドライバ GitHub - Wiznet/i…

PQI Air Pen向けにmips-linux-gnu-gccをソースビルドした話

事の発端 年末にNTT-XストアでPQI Air Penが破格の値段でした。 これ、有線/無線でFTPサーバーになるWi-Fiアダプタなのですが、なにより、弄り倒し甲斐のあるLinuxが入ったMIPSマイコンボードな訳です。 nttxstore.jpそして心強いmoyashi兄さんのブログ hito…

NXPのUART-I2CブリッジSC18IM700でLチカ

すべての道はLチカに通ず このチップの存在を知ったとき、あまり使うことはないかなとスルーしてたのですが、かなり使い道があると思ったのでちょっとだけ。 UARTさえあれば、プログラミングせずにI2Cデバイスと通信できるのでC言語とかVerilogとかぜんぜん…

Radeon R4 が載ってる最強AMDタブレットBungBungame Photon 2を買った

今まで8インチWinタブを愛用してきたのですが、ここに来て色々行き詰まりを感じていました。 8インチは軽くて持ち運びも楽で価格も手頃でとても良いのですが、メールとかSNS確認以上のことをやろうとすると、画面サイズの制約やらハードウェアスペックの制約…

Vinculum-IIでUARTからUSBメモリに書き込んでみる

いまさらVinculum-IIを使ってみた VinCulum-IIのDIP化モジュールV2DIP1-32を以前に買って3年近く積んでたのですが、FSながらもUSBホストが2つあるのと、サンプルコードが豊富ということで使ってみました。 UVC対応Webカメラのサンプルコードなんかもあってい…

IFTTT Maker ChannelをFlashAirで使ってみた

IFTTT Maker Channelがおもしろい スイッチサイエンスマガジンの記事を読んで知ったIFTTT。 IFTTTにMaker Channelができました | スイッチサイエンス マガジン ウェッブ上のサービス同士をつなげるサービスなわけですが、非常に直感的にできているようで面白…

第4世代の新オーディオDSP、SigmaDSP ADAU145xの試食

CES2014で発表されて以来ずっとウオッチしてきたADAU1452ですが、開発ツールSigmaStudioの対応が成熟してきたので使ってみようと思いました。主な特徴として 最大294.912MHz動作 周波数ドメインの演算ができるようになった(FFTなど) Master Control Portを搭…

FlashAir単独でデータの符号化処理をする

FlashAirならではの使い方 仕事でFlashAirを冶具として使っているのですが、なかなか便利だったのでメモ。 5ピン分のGPIOが自由に使えるWi-Fi SDカード、というイメージが先行してしまいがちなのですが、速度がそこそこなので、このSDの旨みはそこじゃないん…

FlashAirからTwitterに天気をポストする

前回のFlashAirネタの続きです CJSONが使える FlashAir W-03シリーズはLuaスクリプトが使えるわけですが、スクリプト中でCJSONも使えることが公式ページに書いてありました。へぇ、すごいじゃん。JSON形式でデータが取り扱えると何かと便利です。 たとえばFl…

Microchip MPLABX/MPLAB harmonyでUSBオーディオデバイスを作る(前編)

必要に駆られ、PCからUSBオーディオデバイスとして見えるブツを作ることに。 数社のデバイスをピックアップし一通り試したのですが、PIC32を選定しました。 PICを選定した理由とか思った事とか、嵌まった所などメモ。 このブログの最後に今回作ったプロジェ…

FlashAir W-03シリーズからTwitterにポストする

変態SDカード一族 GPIOがブラウザなどから自在に操れてしまう一部の頭がおかしい人たちに人気のFlashAirですが、 W-03(SD-WEシリーズ)からLuaスクリプトが動くので僕のような電子工作やネットワーク初心者でも格段に自由度の高いお遊びができます。わーいhtt…

Quartus II 14.0/14.1で初期値ありのUFMをインスタンシエートする

以前(アルテラCPLDで150LE未満のワンチップCPUを作ったお話 - Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館)のときはQuartusII 13.1ベースで記事を書いていたので、14系列でかなりの変更があったと聞き、どう変わったか確認したときのメモです。 MegaWizardが消えたっぽい MAX1…

JavaScriptでStewgate U経由でTwitterにポストする

半年近くブログ書いてない...よく、OAuth非対応なArduinoやmbedや組み込みLinux機器から投稿する例は見るのですが、プレーンなhtml+JSでStewgate使うにはどうしたらいいのかなと悩んで、解決した後すぐ忘れてしまうのでメモ書き。StewGate U: Throw your stu…

アルテラCPLDで150LE未満のワンチップCPUを作ったお話

150LE未満のMISC CPU スタック1段のみ、キャリーフラグなし、6命令のMISC CPUを作りました。 (ほんとは5命令だったんだけど、このネタに使うのに1命令追加した)以下が命令です。内部的には最初のコマンド以外、殆ど同じ動きをします。 GO_IF_NON_ZERO_ELS_SU…

SigmaDSP ADAU1781のトライアルボード

SigmaDSP評価 前回(コーディング不要のSigmaDSPを試食する - Lynx-EyEDの電音鍵盤 新館)ADAU1701/ADAU1401Aで実験したとき、動作中は人肌くらいの温度まで出ており、擬似差動入力に同相信号を入力したとき、実測で0.1~0.5mVppほどの規則性の無いノイズが確認…

GLFW3で等高面に応じた色の3次元グラフを作る

前回の続き。複数のセンサーの出力結果と相関を時間軸でみるのには3次元グラフが便利かなということでいろいろググったらこんなサイトに隠線処理を用いた三次元グラフの作成:CodeZine OpenGL + GLFWで表示してみる Z軸の等高面で色が変化するようになってい…

GLFW3 + VS2013を使った立方体の描画と回転

OpenGL + GLFW3 + VS2013で立方体を回転させる ちょっと計測関連でOpenGLを触らないといけなくなったのでメモがわりに。 学生時代、GLUT+GLSLで水蒸気爆発シミュとかやった記憶がありましたが、今回もGLUTに頼ろうとしたものの、Mac OS X(Marvericks)/Linux/…

コーディング不要のSigmaDSPを試食する

Analog DevicesのドメインスペシフィックDSPの試食 去年末に偶然発見したSigmaDSP SigmaDSP プロセッサ | DSP&MCU | アナログ・デバイセズSigmaDSPにはいくつか世代や種類があるようですが、今回目を付けたのがADAU1701。(同一性能&パッケージで温度のみ車…

PhoneGapからiOSデバイスのハードウェアボリュームを制御する

iOS

前回の続きになります。 有線でiOSデバイスに信号を送るのに手っ取り早い方法は、音声信号にデコードした情報をマイク入力で送るか、リモコンで情報を送る方法だと思います。 あとは送信された音声データや音量レベルをデコードするアプリを書けば良いのです…

エナジーハーベストPLDボードRODSZEPTA進捗状況(その3) :通常電力版MOZPENTAを作った

ハード開発環境の分離 前回の結果をうけて、エナジーハーベスト電源側とCPLD側の開発を別々に進める事にしたわけですが、MAX V 1270LEの144ピンTQFPパッケージ(5M1270ZT144)が手に入ったため、このデバイスで基板を起こしました。RODSZEPTA(ラセタ)と区別す…

PhoneGap 3.3.0でiOS開発する

iOS

PhoneGapとは HTML5+CSS+JavaScriptのみでさまざまなスマートフォンプラットフォーム、例えばAndroid、iOS、Windows Phone7/8、BlackBerryに対応できるフレームワークです。 なんでこんなもん使おうと思ったのか html5で本来ネイティブアプリケーションで…

エナジーハーベストPLDボードRODSZEPTA進捗状況(その2)

デバイステストが終了 RODSZEPTAにはエナジーハーベスト用電源管理ICにLTC3330を試験的に採用しています。 LTC3588-1と基本的構造は同じですが、バックブーストDCDCとLDOの2電源を内蔵しているところが異なります。また取得できる電流が少し減っているようで…

RODSZEPTA進捗状況(その1)

基板到着 エナジーハーベストイメージセンサボードRODSZEPTAの基板が到着しました。 PCBはDesignSparkPCB v.5.1で作成、ViewMate Proで面付けしています。 おもて うら シルクもスルーホールもそこそこ奇麗。 部品もSRAM以外は届いているので試作してみよう…

省電力イメージセンサボードを作る

事の発端 今年の初めに友人と天王寺ミオで、 こんな↓ラジコンにラインスキャン乗せて映像撮ったら面白そうだねという会話 でも大容量Li-PO電池もたないといけないかも、ついでに重くなるから出力上げないと、という話をしてたときに、「振動で発電すれば電池…

職を選ぶということと難儀

過去の話をば 技術的なことから少しだけ離れた記事ですが、よく同じ研究室やサークルだった愛すべき(笑)後輩たちから聞かれるのでここで参考がてら私の話をしましょう。まず (1) 今何してるの 溶接、車載機器の開発をする会社の画像処理担当 兼 車載電装事業…

PSoC4 Pioneer Kitでtelnet

何か作ろう PSoC4 Pioneer KitキャンペーンPSoC 4 Pioneer Kitキャンペーン PSoC 4でデザインしよう!使ってみたいデザイン案を投稿して、無償でキットをゲット!の応募に当選しちゃいました。 ありがとうございます!!(中野の方角向きながらCortex-M0とい…